投稿日:

志望大学の過去問をたくさん解くこと

志望大学の過去問をたくさん解くこと、大学受験の英語をクリアするためには最終的にはこれが1番大きなポイントになります。

特に私が志望していた大学は英語長文がポイントになるので、実際の受験の時間でどれだけ得ことができるかを定期的に力試しに使っていました。定期的にこの問題を解いておくことで自分に何が足りないかがわかってきます。もちろん、私は1人の人しましたがきそうである英単語やイディオムの暗記は欠かさず行いながら、予備校のテキストで洗練された英語長文の読解や市販の問題集の英語長文にも毎日1台か二台は取り込むことで英語長文になれることにしました。

500ワード以上の英語長文となれば1日に10問も20問も集中してとくことは難しいので、 3問程度をとにかく時間通りに解いて、間違っていた部分や理解が足りなかった部分をしっかり見直すことで英語長文の実力をつけていくことにしました。

英語長文も毎日少しずつ解いていけば間違いなく慣れてきて力がつくようになります。