投稿日:

英語を好きになると続けられる。英語を続けていると力が付く。

TOEIC800点、英検準一級を数年前に取得しました。私の英語勉強法の特徴は、英語を好きになることです。学生時代の英語の受験勉強が嫌いで、洋楽や洋画を見るのは好きなのに英語の勉強は嫌いになってしまった経験があります。英語の力を付けようと思ったら、英語を好きになる必要があります。好きなことなら必然と続けることができますし、続けていれば実力もつきます。具体的には、レンタルビデオに行って英語のドラマを沢山借りてきて毎日のように見るとこと、英語の本を読むことをしていました。ドラマは当時流行っていたアリーmy Loveを見ていました。ドラマの内容が面白く、共感もできるのでシーズン5まで勉強と思わずに自然に楽しく見れます。シーズン1から見ていると大体の話の内容がわかるので字幕を消して英語だで聞くようになりました。また話すスピードも人物によってはかなり早いので、TOEICのリスニング対策にもなっていたように思います。英語の本はハリーポッターやナルニア国物語などやはりシリーズものをよく通勤時間などに読んでいました。勉強を意識せず、楽しく英語に触れることで英語の力を付けることができました。

投稿日:

英語のアウトプットを最大化して、運用技術を向上させる

“みなさんは英語が得意ですか?

私はもともと英語が得意ではなかったです。

小学校・中学校・高校と英語に触れ、今では日本の英語教育は12年間にも及ぶものです。この長い行程で私たちはしっかりと英語を身につけられているでしょうか?

今回は、英語をどうやってアウトプットして学んでいくかについてお話します。

物事を学ぶとき、等しく共通している学習行程に「インプット」と「アウトプット」があります。

私たち日本人は、インプットするのに優れた学習を強いられています。しかし、言語を運用するということはインプットした学習内容の3倍はアウトプットしなければ、その言語を習得したとはいい切ることができないでしょう。

私が推奨しているアウトプット方法について皆さんにお話したいと思います。

それはズバリ、独り言アウトプットです。通勤・通学の途中、一人になる時間があると思います。目に入ったものすべてを英語にしてみましょう。言えないものがあるかもしれません。そういったものは少しずつスマホで調べる。

この習慣を身につけることができると、とっさの英語の一言が出てきやすくなりますよ。