英語長文のマスターの仕方について

大学受験においては英語長文のマスターは必須のポイントです。しかしながら、突然500ワードや600ワードの英語長文を簡単に読みこなす事は難しいと思います。私はまず英語構文の参考書を購入してきて105から105の英語構文をしっかり理解することから始めました。並行して英語長文の問題集もとくと言う行程です。

ポイントはこの英語長文を解く際にあまりにも瑣末な部分にこだわって読み込むのではなく、英語長文そのものの大意をつかむことにこだわって読むことです。

大学受験の英語においてはとにかく時間との勝負です。105から200の英語構文を英語読み解くためには勉強はしますが、英語長文の並行して勉強する際にはそれとは別で取り組ましょう。もちろん並行して行うことで自然と英語が頭の中に入ってきて、日本語に簡単に置き換えることができるようになります。

日本語の文章を読んでいるのと同じような感覚で英語が読めるようになれば非常に進歩だと思います。

アメリカの大学に留学するなら